無利息でカードローンを借りるにはどのような手続きが必要か

カードローンの中には、無利息で融資を実施しているケースもあります。これは、カードローンの初回利用者に対して提供されており、無利息でカードローンを利用する際の手続きは、Web申込みなどの申込時に初回利用である事をチェックする項目がありますので、それにチェックを入れておきます。そのような項目が無い場合でも、審査時に初めて利用した顧客かどうかがデータベースで分かりますので問題がありません。

無利息期間は最大30日間としている所が多く、一定の金額までを無利息にしている場合と全額を無利息にしている場合とがあります。いずれのタイプを選べるかはサービス次第ですが、無利息で借り入れが出来るカードローンを組み入れる事で、返済の負担が減り、使い途が広がるでしょう。

カードローンを利用している時に家族にバレないようにするための注意点

カードローンを利用するのは基本的に家族には知られたくないでしょう。それで家族に内緒で利用する人が多いですが、バレてしまう可能性もあるので注意が必要です。
そこでカードローンを利用している時に家族にバレないようにするにはどのような点に注意すればいいのか見ていく事にしましょう。

カードローンを利用している時に家族にバレてしまうのはまず自宅への郵送物が挙げられます。契約書や利用明細書などが郵送されてくるので家族に見られてしまう可能性があります。
家族にバレないようにするにはWEB完結で申し込みをして郵送物をなしにする必要があります。
また連絡先を自宅に電話番号にしてしまうと電話がかかってきた時にバレてしまう可能性があります。連絡先は携帯電話の番号にしておきましょう。

カードローンの無利息期間の活用法

どのようなカードローンにも言えますが、使い勝手は実際に使ってみるまでわかりにくいです。特に初めてのカードローンやキャッシングだと戸惑うことが多いでしょうから、無利息期間のあるローンで使い勝手を覚えましょう。無利息期間内は何度借りても利息はつかないので、ATMで借入・返済を繰り返してみるのもいいです。ATMではその場で利用明細を発行してくれることが多いので、明細の内訳も把握しておきましょう。

元金充当額という項目は、元金がいくら減ったのか示しています。例えば3万円を返済して元金充当額が1万円なら、利息で2万円が相殺されていることを意味します。遅延損害金は延滞した場合のみ発生するもので、延滞しなければ関係のない利率です。ネットバンキング経由の利用の仕方も、無利息期間中に覚えておきましょう。

専業主婦が楽天銀行カードローンに申し込む時の注意点

楽天銀行のカードローンは、パートやアルバイトや学生、さらには専業主婦でも申し込みが可能な銀行系カードローンですし、入会するだけで1,000ポイントもの楽天スーパーポイントがもらえるので、とても使いやすいカードローンとなっています。

しかし専業主婦が申し込みをする場合に限り、通常の楽天銀行カードローンとは利用条件などが異なるので注意が必要となります。

通常、楽天銀行カードローンは利用限度額が最大で500万円に設定されており、金利は年4.9%~14.5%となっています。

しかし専業主婦が申し込みをする場合は、利用限度額が最大50万円、金利は年14.5%という条件での契約となるのです。なお、専業主婦が申し込みをする場合には本人の収入証明書が提出不要なのはもちろん、配偶者の収入証明書の提出も不要なので、気軽に申し込みができます。

もちろん、専業主婦が申し込んだ場合でも、入会特典である1,000ポイントの楽天スーパーポイントはもらうことができます。

便利なカードローンには使い分けが必要

急な出費が必要になった時に皆さんはどうされていますか?毎月、ちゃんと貯金をしている方なら心配は入りません。

しかし、誰もがしっかり貯金をしているものでもありませんよね。また、貯金額よりも、もっと高額なお金が必要になることもあるかもしれません。
そんな時に、助けてくれるのがカードローンだと思います。万が一の時のために、カードローンについて知っておくことも必要だと思います。

カードローンというと、借金というイメージが強いかもしれませんが、例えて言うなら、お手持ちのクレジットカードで分割払いで買い物をすることとさほど変わりはありません。
住宅ローンや、車のローンなどと同じようなものだと思います。そう考えると、万が一の時に利用してもいいかなと思えますよね。

まず、カードローンは、銀行カードローンと消費者金融カードローンが有名だと思います。
それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分に合うカードローンを利用するといいと思います。

信頼を求め、高額なお金を必要とするときには銀行カードローンがおすすめだと思います。

普段、利用しているメインバンクなら、信頼感も厚く、より安心して融資を受けることが出来ると思います。
やはり、お金を借りるとなると、双方が信頼しあえる関係が一番良いと思います。そして、銀行カードローンは、借入限度額が高く設定されていることが特徴です。

借入限度額が高いので、それなりに審査は厳しいです。しかし、正社員として勤務している方なら問題なく融資が下りると思います。審査が厳しい分、金利は低く設定れています。

一方、融資の速さを求めるのなら、断然消費者金融カードローンがおすすめです。

それは、審査のスピードがや速く比較的どなたでも利用しやすいからです。一定の収入があればアルバイトをしている学生でも、パートをしている主婦でも利用することが出来るのです。
しかし、審査が通りやすい分、借入限度額は低く、金利は高く設定されているのが特徴です。

ですので、2つのカードローンを場面によって使い分けることが、一番便利に利用できると思います。
お金を用意するまでに時間がとれるなら、金利も安く、借入限度額も高い銀行カードローンがおすすめです。

緊急にお金を用意しなけれならないときは、審査が速い消費者金融カードローンがおすすめです。
そして、利用する際は、きちんと返済計画を立てて、計画的に利用するようにこころがけて下さい。