おまとめローンで限度額が大きくなくてもいい理由

おまとめローンは借入限度額が高い方が融通が利きやすいように感じるかもしれませんが、基本的に借入限度額が多いところを無理に選ばなくても問題ないといえます。

大半の人にとっておまとめローンを利用するような状況になったとしても借入金額的には200~~300万円あたりですから、1000万円もするようなところで借り入れするようなことは不要です。

また、あまりに条件の良すぎるところで借り換えをしようとしても審査に通らない可能性のほうが高くなります。
ただでさえ借入額が多いので、より通りにくい条件の時に無理をやるよりはいいでしょう。

ですので、少々条件が悪くてもいいので限度額は気にせずにおまとめローンを利用するようにした方がいいでしょう。

おまとめローンは消費者金融を使ってもお得

カードローンを複数持っていて、それぞれ毎月返済をし続けていたら返済が大変になります。

それで債務整理を考えても、債務整理は確かに債務が減って毎月の返済が楽になりますが、債務整理をすると金融事故扱いになって、今まで借りていたところからブラックリストから外れるまで借りることが出来なくなり、債務は完全に無くなるわけじゃないので、返済額が減っても返済は続きます。

それで本来なら返した分をまたキャッシング出来ていたのが出来なくなり、さらに他からも借りられなくなるので、債務整理は出来るだけしない方が良いです。
それで毎月の返済を減らす方法としておまとめローンを活用すると良いです。

おまとめローンは借入を一つにまとめますから、金利は減らなくても毎月の元金の返済は減らすことが出来ます。
この時消費者金融のローンを消費者金融のおまとめローンでまとめても金利が減らないから、消費者金融でおまとめするくらいなら銀行のおまとめローンを利用した方が良いように思えてきます。

しかし銀行は審査が厳しいから場合によっては借りられないかもしれません。それに消費者金融でも借入額が100万円を超えると金利が下がりますから、それならば消費者金融のおまとめローンでもお得です。

そして返済し続けて残額が100万円未満になっても金利が下がったままですから、利用しない手は無いです。
それで100万円未満でおまとめローンを利用すると金利がそのままですから、利用する時は借入総額が100万円を超えてからおまとめローンを利用することです。