ネットで手続きが出来る楽天銀行スーパーローンの注意点は?

スマホの普及によってキャッシングもネットでする時代になってきて最近では楽天銀行スーパーローンを利用する人が増えてきています。楽天銀行はネット銀行で店舗や契約機を取り扱っていないためカードローンの申し込みはネットですべての手続きをする事になります。ネット上ですべての手続きをする事になればスマホを操作するだけで出来てしまうのですごく便利です。またネットだと24時間対応しているので自分の都合に合わせて手続きをする事が出来ます。楽天銀行スーパーローンはこのように利便性の高いのがメリットですが、注意しなければいけない点もあるので確認していきましょう。

楽天銀行スーパーローンは審査が即日回答も可能と宣伝されていますが、実際は数日かかってしまう事がほとんどです。審査で数日かかってしまうので融資を受ける事が出来るのも数日後になってしまいます。即日融資を受けるのは難しいので申し込む前にしっかり頭に入れておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの利用条件の中に20歳以上62歳以下となっています。他の業者は65歳まで利用する事が出来るのでこの点は楽天銀行スーパーローンのデメリットと言えます。63歳以上の人は楽天銀行スーパーローンを利用する事が出来ないので注意しましょう。

専業主婦が楽天銀行カードローンに申し込む時の注意点

楽天銀行のカードローンは、パートやアルバイトや学生、さらには専業主婦でも申し込みが可能な銀行系カードローンですし、入会するだけで1,000ポイントもの楽天スーパーポイントがもらえるので、とても使いやすいカードローンとなっています。

しかし専業主婦が申し込みをする場合に限り、通常の楽天銀行カードローンとは利用条件などが異なるので注意が必要となります。

通常、楽天銀行カードローンは利用限度額が最大で500万円に設定されており、金利は年4.9%~14.5%となっています。

しかし専業主婦が申し込みをする場合は、利用限度額が最大50万円、金利は年14.5%という条件での契約となるのです。なお、専業主婦が申し込みをする場合には本人の収入証明書が提出不要なのはもちろん、配偶者の収入証明書の提出も不要なので、気軽に申し込みができます。

もちろん、専業主婦が申し込んだ場合でも、入会特典である1,000ポイントの楽天スーパーポイントはもらうことができます。

おまとめローンは消費者金融を使ってもお得

カードローンを複数持っていて、それぞれ毎月返済をし続けていたら返済が大変になります。

それで債務整理を考えても、債務整理は確かに債務が減って毎月の返済が楽になりますが、債務整理をすると金融事故扱いになって、今まで借りていたところからブラックリストから外れるまで借りることが出来なくなり、債務は完全に無くなるわけじゃないので、返済額が減っても返済は続きます。

それで本来なら返した分をまたキャッシング出来ていたのが出来なくなり、さらに他からも借りられなくなるので、債務整理は出来るだけしない方が良いです。
それで毎月の返済を減らす方法としておまとめローンを活用すると良いです。

おまとめローンは借入を一つにまとめますから、金利は減らなくても毎月の元金の返済は減らすことが出来ます。
この時消費者金融のローンを消費者金融のおまとめローンでまとめても金利が減らないから、消費者金融でおまとめするくらいなら銀行のおまとめローンを利用した方が良いように思えてきます。

しかし銀行は審査が厳しいから場合によっては借りられないかもしれません。それに消費者金融でも借入額が100万円を超えると金利が下がりますから、それならば消費者金融のおまとめローンでもお得です。

そして返済し続けて残額が100万円未満になっても金利が下がったままですから、利用しない手は無いです。
それで100万円未満でおまとめローンを利用すると金利がそのままですから、利用する時は借入総額が100万円を超えてからおまとめローンを利用することです。

便利なカードローンには使い分けが必要

急な出費が必要になった時に皆さんはどうされていますか?毎月、ちゃんと貯金をしている方なら心配は入りません。

しかし、誰もがしっかり貯金をしているものでもありませんよね。また、貯金額よりも、もっと高額なお金が必要になることもあるかもしれません。
そんな時に、助けてくれるのがカードローンだと思います。万が一の時のために、カードローンについて知っておくことも必要だと思います。

カードローンというと、借金というイメージが強いかもしれませんが、例えて言うなら、お手持ちのクレジットカードで分割払いで買い物をすることとさほど変わりはありません。
住宅ローンや、車のローンなどと同じようなものだと思います。そう考えると、万が一の時に利用してもいいかなと思えますよね。

まず、カードローンは、銀行カードローンと消費者金融カードローンが有名だと思います。
それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分に合うカードローンを利用するといいと思います。

信頼を求め、高額なお金を必要とするときには銀行カードローンがおすすめだと思います。

普段、利用しているメインバンクなら、信頼感も厚く、より安心して融資を受けることが出来ると思います。
やはり、お金を借りるとなると、双方が信頼しあえる関係が一番良いと思います。そして、銀行カードローンは、借入限度額が高く設定されていることが特徴です。

借入限度額が高いので、それなりに審査は厳しいです。しかし、正社員として勤務している方なら問題なく融資が下りると思います。審査が厳しい分、金利は低く設定れています。

一方、融資の速さを求めるのなら、断然消費者金融カードローンがおすすめです。

それは、審査のスピードがや速く比較的どなたでも利用しやすいからです。一定の収入があればアルバイトをしている学生でも、パートをしている主婦でも利用することが出来るのです。
しかし、審査が通りやすい分、借入限度額は低く、金利は高く設定されているのが特徴です。

ですので、2つのカードローンを場面によって使い分けることが、一番便利に利用できると思います。
お金を用意するまでに時間がとれるなら、金利も安く、借入限度額も高い銀行カードローンがおすすめです。

緊急にお金を用意しなけれならないときは、審査が速い消費者金融カードローンがおすすめです。
そして、利用する際は、きちんと返済計画を立てて、計画的に利用するようにこころがけて下さい。