審査通過したアイフル

審査の基準は各社違うのかもしれません。

私はいくつかの消費者金融から借り入れをしていた時期がありました。職にはついていたのですがまだついたばかりで返済に苦労していた時期です。

「もう20万円あったら・・」と思うことがあり、もう一社契約に向かったところ、限度額上限に達しているとのことで借りれず。

そのままダメもとでアイフルへ向かい契約をしようとしたところ、アイフルは契約ができました。

基準は明確にわかりませんが、通常に本人確認や在籍確認、収入証明の確認はありました。

ドキドキでしたがそこからいくらまでなら借りれるという案内がオペレーターからされたときは、かなりホッとしたのを覚えています。

金額もちょうど20万ほどで助かりました。

一社がダメでも、何社か回ってみるのもアリだと思います。

キャッシングの審査は収入の多さよりも安定性

金融機関でキャッシングをしようとする場合、避けて通れない手続きが審査です。

金融機関は、個人へお金を貸す場合、事前にいろいろな事項を調査します。

なぜなら、収入がない人に貸してしまうと返済してもらえないリスクも高くなり、貸し倒れが生じる危険性があるからです。

そして、キャッシングの審査ではいろいろな事項を調査しますが、その中でも重要なのが申込者の収入です。

収入の有無は返済可能性の高さを示す重要な事項と言えるので、当然審査をする際にも大きく影響してきます。

キャッシングの審査において、収入の多さよりも安定性が重視されます。

一時的にたくさんのお金をもらえる人より、毎月一定の額を確実にもらえる人のほうが返済リスクが少なくなるからです。

なぜキャッシングには審査があるのか

少し大袈裟かも知れませんが、世の中には星の数ほど沢山のキャッシングが存在しています。そして原則として、それら全てのキャッシングには審査があります。ですから、もしもキャッシングを利用しようと思ったら、まず最初に申し込み手続きをして、次に審査に通らなければならないのです。

なぜ必ず審査があるのかというと、それは金融事故を未然に防止するためです。もしもお金を貸したのに返せないというような金融事故が起こってしまうと、会社が困るのはもちろん、利用者にとってもマイナスになってしまうのです。なぜなら、個人信用情報機関に事故情報が記録されてしまいますので、事故後、しばらくの間は金融機関との健全なお付き合いができなくなってしまうからなのです。

確かに、「もしも審査がなければ必ず借り入れができて助かるのになあ」と思う気持ちも理解できます。実際、そう思う人は多いに違いありません。しかし、もしもキャッシングに審査がなかったとしたら、世の中きっと、金融事故だらけになってしまうことでしょう。そんな事態になったら、国全体の経済にもマイナスになってしまう恐れがあります。そう考えると、審査とは、なくてはならないものなのです。

キャッシングの審査、それは自動車の運転免許証に似ていると考えられます。もしも免許なしで自由に自動車の運転ができるようになったら、道路は今よりも危なくなるに決まっています。それは誰にも否定できないでしょう。キャッシングにおける審査も、結局、免許証と同じような役割を果たしているのです。

ところで広い世の中では、稀に「審査なしでキャッシングできます」というような甘い誘い文句の広告を見かけることがあります。まともな金融機関なら、そんな広告は出せません。結論を言うと、それはヤミ金を疑うべきです。ヤミ金のことは、決して金融機関だなどと思ってはいけません。それは単なる犯罪集団なのです。もしも甘い誘い文句を見かけたら、相手にしないほうが賢明と言わざるを得ません。