教育費用はキャッシングで補填すると負担増大!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用目的が原則自由かつ必要なときにいつでも自由の利用できるといったメリットがあります。そのため、生活費やレジャー・娯楽費用、医療費そして教育費用に充てることもできます。しかし、カードローンについては高い金利が適用されるため、メリットが生じるケースが短期的な借り入れに留まります。

特に教育費用は中長期的な借り入れになりがちであり、利用により受けられるのは恩恵どころか負担増大に繋がります。子供が働くようになってから本格的に子供が返済するという場合、親世代の負担は毎月最低限の返済で済むかもしれません。しかし、毎月の返済から元金返済に充てられる金額は少なく、子供に引き継ぐ時に利用残高が減っていないというケースもあります。その結果、親だけでなく子供にも負担を強いる結果になります。そして、万が一親世代が無くなった場合、財産として相続されることもあり、子供に負担を強いることは避けられません。先ずは、カードローンといったキャッシング方法は長期的な利用を避ける必要があります。