運転免許証を本人確認書類として提出するとキャッシングの審査の可決率が高まる理由は?

キャッシングの申し込みをする時は本人確認書類を提出しなければいけません。健康保険証やパスポートでも適用されますが、運転免許証を提出した方が審査の可決率が高まると言われています。そこでなぜ運転免許証を提出すると審査の可決率が高まるのが理由を挙げていきましょう。

運転免許証が顔写真が掲載されているので本人確認書類の中でも一番信用度が高くなります。また運転免許証は車を運転する事が出来るという証明にもなるので業者側に良い印象を与える事が出来ます。車を運転する事が出来れば職業が普通でもステータスの高い人と判断される事もあるので審査の可決率も高まります。キャッシングの審査が不安だと感じている人は本人確認書類は運転免許証を提出してみましょう。

消費者金融のキャッシングでは総量規制に注意してください

消費者金融系のキャッシングに申し込みをする際には総量規制というルールを正確に理解しておくことをおすすめします。総量規制というルールを知らない状態で消費者金融系のキャッシングに申し込みをすると審査に落ちてしまうことにもなりかねません。それほど総量規制というのは消費者金融系のキャッシングにとって重要なルールとなります。

総量規制により消費者金融系のキャッシングでは融資を受けられる金額の上限は年収の3分の1までと決められています。さらに総量規制は複数の消費者金融を横断して適用されることが重要となってきます。総量規制により、既に消費者金融から年収の3分1までの融資を受けている方は他の消費者金融に申し込みをしても審査に通らないことになるのです。審査に落ちてしまうことは信用情報にとっても良くはありません。複数の消費者金融を利用される際には総量規制に注意するようにしましょう。

消費者金融のキャッシングのメリットは

消費者金融のキャッシングは一般的に金利が高いという意見をよく耳にします。たしかに金融機関のものと比較をすると消費者金融の金利は高めであるというのは事実です。

しかし担保も保証人もなしに即日融資を受けられるという点に関しては、消費者金融のキャッシングの大きなメリットとなっています。手元にあるお金が乏しいときや早急にお金を用意しなければならないようなときでも消費者金融のキャッシングならばすぐにお金を借りることができるのです。

お金を借りたい場合、そのお金がすぐに必要なときには消費者金融のキャッシングを、それほど急いでいないときには金融機関のローンをといった具合に上手にサービスを選択するようにしましょう。