おまとめローンは消費者金融を使ってもお得

カードローンを複数持っていて、それぞれ毎月返済をし続けていたら返済が大変になります。

それで債務整理を考えても、債務整理は確かに債務が減って毎月の返済が楽になりますが、債務整理をすると金融事故扱いになって、今まで借りていたところからブラックリストから外れるまで借りることが出来なくなり、債務は完全に無くなるわけじゃないので、返済額が減っても返済は続きます。

それで本来なら返した分をまたキャッシング出来ていたのが出来なくなり、さらに他からも借りられなくなるので、債務整理は出来るだけしない方が良いです。
それで毎月の返済を減らす方法としておまとめローンを活用すると良いです。

おまとめローンは借入を一つにまとめますから、金利は減らなくても毎月の元金の返済は減らすことが出来ます。
この時消費者金融のローンを消費者金融のおまとめローンでまとめても金利が減らないから、消費者金融でおまとめするくらいなら銀行のおまとめローンを利用した方が良いように思えてきます。

しかし銀行は審査が厳しいから場合によっては借りられないかもしれません。それに消費者金融でも借入額が100万円を超えると金利が下がりますから、それならば消費者金融のおまとめローンでもお得です。

そして返済し続けて残額が100万円未満になっても金利が下がったままですから、利用しない手は無いです。
それで100万円未満でおまとめローンを利用すると金利がそのままですから、利用する時は借入総額が100万円を超えてからおまとめローンを利用することです。

海外旅行には欠かせないキャッシング機能

キャッシングはとっても便利な機能です。

いつでもお金を用意することができますので、いざという時のために、1つ用意しておくのも社会人として必要なアイテムであると思います。

各クレジットカードにもキャッシング機能がついていますので、気にしなくても、案外皆さん持っているものだと思うのですが、私が一番あってよかったと思ったのは、海外旅行の時でした。

海外ではスリがまだ当たり前にいるような時、警戒はしていたものの、いつのまにか財布がなくなっていました。

満員の地下鉄に遭遇してしまったのがいけなかったのですが、コートの中にカバンを入れて、財布は更に上着のポケットに入れていたのです。

それでも、満員の地下鉄で上着にスプレーのようなもので着色され、慌てて駅で降りて着色された箇所を見ている隙に、見事カバンと上着の財布が抜かれました。

いつの間にという感じですが、神業のごとくなくなっていたのです。

お分かりだと思いますが、着色したのも、もって行ったのもグルですので、チームでやられてしまっては、素人の日本人は一たまりもありません。

現金がなくなり、途方にくれていた時にホテルの金庫に、クレジットカードとパスポートを預けているのを思い出し、デスクに電話をして、その場をしのぐ事ができました。

幸運なことに、クレジットカードには海外旅行に対する盗難や物損などへの保険もついていることもあり、現地での手続きに2日かかりましたが、保険でカバーしていただくこともできました。

その際にキャッシングで現金を用意することができたので、その後の旅行も予定通りに進行することができたのです。

後味は非常に悪い海外旅行となりましたが、海外に行く機会のある方は、キャッシング機能を申し込みしておくことをお勧めします。

主婦の方や学生の方でも申し込みができるものがあるので、即日融資をしていただけるキャッシング機能を用意しましょう。

保険やお守りのような意味合いもありますが、万が一の場面でキャッシングをした場合、当然返済や金利という借りた側の責任もありますので、海外旅行の準備の1つに、返済方法や金利なども確認し、一番有利なカードをご用意下さい。

きっと安心して旅行を楽しむことができると思います。