借り換えタイミングとはいつであるのか

キャッシングなどでお金を借りている場合でもすぐに返済ができるわけでもなく結構な年月をかけて返済しているという人は借り換えというのを考えてみるのも良いでしょう。結構な金額を借りている場合、借り換えることによって返済額が相当に少なくできたりというする場合もありますので狙ってみる価値はあります。

借り換えのタイミングなのですが基本的には自由です。多少なりとも手間はかかりますが金利が安くなるのであれば借り換えのタイミングとはまさにその時であると言えるわけです。借り換えタイミングと言うのは少しでも自分がお得になるのであればまさにそれこそが最高の瞬間であるといっても過言ではなく、問題なく行動に移す価値がある状態であるといえるでしょう。

教育費用はキャッシングで補填すると負担増大!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用目的が原則自由かつ必要なときにいつでも自由の利用できるといったメリットがあります。そのため、生活費やレジャー・娯楽費用、医療費そして教育費用に充てることもできます。しかし、カードローンについては高い金利が適用されるため、メリットが生じるケースが短期的な借り入れに留まります。

特に教育費用は中長期的な借り入れになりがちであり、利用により受けられるのは恩恵どころか負担増大に繋がります。子供が働くようになってから本格的に子供が返済するという場合、親世代の負担は毎月最低限の返済で済むかもしれません。しかし、毎月の返済から元金返済に充てられる金額は少なく、子供に引き継ぐ時に利用残高が減っていないというケースもあります。その結果、親だけでなく子供にも負担を強いる結果になります。そして、万が一親世代が無くなった場合、財産として相続されることもあり、子供に負担を強いることは避けられません。先ずは、カードローンといったキャッシング方法は長期的な利用を避ける必要があります。

『月々の返済負担が少ない』に騙されるな!

キャッシングを利用する際、金利のほか『月々の返済負担が少ない』ということに注目します。しかし、月々の返済負担が少ないということに騙されてはいけません。月々の返済負担が少ないということは、利息が少ないということとイコールではありません。利息を考慮する場合、完済時にどれだけの返済額に達しするかで比較することになります。

しかし、総返済額を返済回数で分割すると負担が少ないように見えてしまうこともあります。、また、初めから返済負担を少ないとアピールしているものは返済期間が長期化し、総返済額が高額になります。消費者金融の広告などはメリットを大きく掲げ、デメリットを分かり難くするなどあくまでビジネス広告となるため、利用する側は消費者金融が隠していることを把握して騙されない姿勢が重要になります。

運転免許証を本人確認書類として提出するとキャッシングの審査の可決率が高まる理由は?

キャッシングの申し込みをする時は本人確認書類を提出しなければいけません。健康保険証やパスポートでも適用されますが、運転免許証を提出した方が審査の可決率が高まると言われています。そこでなぜ運転免許証を提出すると審査の可決率が高まるのが理由を挙げていきましょう。

運転免許証が顔写真が掲載されているので本人確認書類の中でも一番信用度が高くなります。また運転免許証は車を運転する事が出来るという証明にもなるので業者側に良い印象を与える事が出来ます。車を運転する事が出来れば職業が普通でもステータスの高い人と判断される事もあるので審査の可決率も高まります。キャッシングの審査が不安だと感じている人は本人確認書類は運転免許証を提出してみましょう。

消費者金融のキャッシングでは総量規制に注意してください

消費者金融系のキャッシングに申し込みをする際には総量規制というルールを正確に理解しておくことをおすすめします。総量規制というルールを知らない状態で消費者金融系のキャッシングに申し込みをすると審査に落ちてしまうことにもなりかねません。それほど総量規制というのは消費者金融系のキャッシングにとって重要なルールとなります。

総量規制により消費者金融系のキャッシングでは融資を受けられる金額の上限は年収の3分の1までと決められています。さらに総量規制は複数の消費者金融を横断して適用されることが重要となってきます。総量規制により、既に消費者金融から年収の3分1までの融資を受けている方は他の消費者金融に申し込みをしても審査に通らないことになるのです。審査に落ちてしまうことは信用情報にとっても良くはありません。複数の消費者金融を利用される際には総量規制に注意するようにしましょう。

消費者金融のキャッシングのメリットは

消費者金融のキャッシングは一般的に金利が高いという意見をよく耳にします。たしかに金融機関のものと比較をすると消費者金融の金利は高めであるというのは事実です。

しかし担保も保証人もなしに即日融資を受けられるという点に関しては、消費者金融のキャッシングの大きなメリットとなっています。手元にあるお金が乏しいときや早急にお金を用意しなければならないようなときでも消費者金融のキャッシングならばすぐにお金を借りることができるのです。

お金を借りたい場合、そのお金がすぐに必要なときには消費者金融のキャッシングを、それほど急いでいないときには金融機関のローンをといった具合に上手にサービスを選択するようにしましょう。

プロミスの自動契約機で申し込む時の注意点は?

プロミスの自動契約機で申し込みをするとお金を早く借りられる、自宅に書類が郵送されないなどメリットになる点が多いです。しかし注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

プロミスの自動契約機で申し込みをする時は当然最初に入室しなければいけません。またカードを発酵してもらった後は退室しなければいけません。入退室する時に家族や友人に見られてしまうというリスクが少なからずあります。プロミスの自動契約機で申し込みをする場合は入退室をする時に周囲の状況をしっかり確認しておきましょう。

プロミスの自動契約機の営業時間は9時から22時までとなっていますが、地域によっては21時で営業終了になっている事もあります。21時に自動契約機に行ったら営業が終了していてお金を借りれなかったというケースもあるので注意するようにしましょう。

無利息でカードローンを借りるにはどのような手続きが必要か

カードローンの中には、無利息で融資を実施しているケースもあります。これは、カードローンの初回利用者に対して提供されており、無利息でカードローンを利用する際の手続きは、Web申込みなどの申込時に初回利用である事をチェックする項目がありますので、それにチェックを入れておきます。そのような項目が無い場合でも、審査時に初めて利用した顧客かどうかがデータベースで分かりますので問題がありません。

無利息期間は最大30日間としている所が多く、一定の金額までを無利息にしている場合と全額を無利息にしている場合とがあります。いずれのタイプを選べるかはサービス次第ですが、無利息で借り入れが出来るカードローンを組み入れる事で、返済の負担が減り、使い途が広がるでしょう。

初めてキャッシングは業者を比較してから

初めてキャッシングを利用する前に忘れてはならないのが消費者金融業者の比較です。キャッシングに申し込みをする前にあらかじめ消費者金融業者について自分なりの情報を集め、そのうえで業者を比較することでよりキャッシングを便利に利用することができるからです。たとえば、消費者金融業者の数はたくさんありますが、全国的な規模の業者もあれば地域が限定されている小規模の業者もあります。

特に全国的な規模の消費者金融の場合にはキャッシングの利用者向けのサービスとしてさまざまな特典が用意されています。それらの特典の中には無利息期間もあり、そのような特典を上手に活用すればよりキャッシングを便利に利用することができます。初めてキャッシングを利用する前には消費者金融の業者を比較して自分に最適な業者を選ぶようにしましょう。

アイフルのかりかえMAXの特徴やメリットは

アイフルでは他社からの借入金の返済負担を軽減できるサービスとしてかりかえMAXというおまとめローンを取り扱っています。かりかえMAXの特徴とメリットをみていきましょう。

・金利と利用限度額

2018年4月13日時点で実質年率は3.0%から17.5%、利用限度額は最高で800万円までとなっています。なおかりかえMAXは例外的に総量規制対象外のローンとなっているので年収の3分の1を超える借り換えにも対応できます。

・資金使途

かりかえMAXはおまとめローンであるため、借りたお金は自由に使うことができず他社借入金の借り換えのみに利用が可能です。

・担保と保証人

かりかえMAXは無担保ローンであるため、担保や連帯保証人などは不要です。